新型コロナウイルスに感染していた日本一面白い男 志村けん 永眠…


皆様、ご傷心お察しいたします。

日本一面白い男が先日、永い眠りに就きました。
心にぽっかり穴が開いた気持です。

志村けんさんの死で、改めてコロナウイルスの脅威に気づきました。
皆様も志村さんでも乗り越えられなかったコロナウイルスに今一度真剣に向き合っていきましょう。

はじめに、まだ信じられません。
あの志村けんが死んだなんてとても信じられません。

この記事は志村けんさんの生い立ちの紹介や、経歴などは書き留める予定はございません。
Wikipediaのリンクだけ張っておきますので、志村けんを知らないという珍しい人はそこのリンクから飛んで必ず目を通してください。
志村けんWikipedia

今日、令和二年三月三十日
ネットのニュースで飛び込んできた情報に今ほど嘘であってほしいと思ったことはありません。

国内芸能人初の新型コロナウイルス感染で入院闘病していた志村けんが七十歳という人生に幕を下ろしたという記事でした。

筆者が子供のころには既に国民的コメディアンでした。
8時だよ!全員集合もテレビの前で笑い転げながら見ていました。

筆者が小学生のころに地元のケーブルテレビが『大きくなったら』という企画の取材に学校に来たことがあり、子供だった筆者は『大きくなったら志村けんの弟子になりたい!』と言っていたことがありました。実話です。

あと、この記事は読む人のことを考えて書いていませんので、読み辛い文章であることをお許しください。

ゆえに筆者の感情のままに書き進めていることなので不快に感じる方も居るかもしれません。
同時にお詫び申し上げますm(_ _)m

本当に大好きだったんですよ。志村けんのことが。
バカ殿もへんなおじさんも好きでしたけど、ひとみばあさんが一番好きだったなぁ…

志村けんが過去形になることが本当につらいですね。

もう潜在意識がですね、テレビ画面に志村けんが映っただけで笑う準備ができているんですよ。
志村動物園とか、見てると志村さんも年取ったなぁとか思ってはいましたが、まさかこのタイミングで逝ってしまうとは思いもよりませんでした。

本当に人を幸せにできる人でした。

面白いだけじゃなくてかっこいいところもあるんですよ。
三味線が似合う。
いかりやさんも楽器が似合う渋い感じがしましたけど、志村さんも負けず劣らずです。

もう本当に嫌だなぁ。死んでほしくなかった。
コロナウイルス許せん…

 

同時に若者のコロナに対する認識の薄さを報道するニュースを度々目にするのですが、これは若者だけが悪いとはとても思えません。

理由は若者が出かけてしまう、理由がまだあるから。
自粛というあいまいな表現が一番悪いと思います。

僕みたいにお店を営んでいれば尚更わかると思いますが、お客さんが来店しないとどうにもならないんですよね。
コロナ云々に限らず。

もちろん営業するにあたっては消毒、換気、スタッフ一同マスク着用、朝の体温測定と努力はしています。

でもここに来店するまでに人と接することもあると思いますし、ここにきているお客様同士が2m以上は離れている環境ですが本当にそれで大丈夫かというと、未知のウイルスというだけで絶対安全とは言えないですよね。

でも営業しないわけにはいかないんですよ。

各国のコロナ緊急経済支援策としては
アメリカ…現金10万円支給
香港…現金14万円支給
韓国…現金8万6千円支給
イタリア…現金30万円以上支給
イギリス…休業補償(賃金の8割)
フランス…休業補償(賃金の全額)
スペイン…休業補償(賃金の全額)
日本…商品券もしくはお肉

おかしいのは若者じゃないいでしょ。
こんなことは言いたくないけど、最終的に賃金保障をしたとしても商品券だとかそういう発想が起きている時点で認知度の低さは若者だけといえるのでしょうか?

何故、少し前にホワイト国除外されたとか、ウォンの価値が著しく低下しているなんて言われていた韓国以下の発想なのか。

これは日本の総理が悪いというレベルじゃないです。
議員の無能な人多すぎるから減らそう。

足を引っ張りあっている場合じゃない。
休業補償して、オリンピック開催国なんだから、世界中のどの国よりも外出禁止に期間を多く持たないといけないと思います。

今、私たちにできることは身近な人の為に外出を避け、年配者に接する時間をコロナが落ち着くまではなくすことです。

みんなそんなことはわかっているんですよ。
国民の自主性に任せるのも悪くないのですが、何のための政府なのか…

大半の国民はわかっています。だからマスクがないんです。
政府の役割は理解が薄い所数の国民から大半の国民を守ることです。

強いリーダーシップを求めます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です